初めてスイングpopを発注する場合の注意点
初めての方でもわかりやすくスイングpopを説明します
Menu

店頭の商品棚でゆらゆらと動いている紹介popがスイングpopです。その名の通り、スイングするように動いていることで、人の目に留まりやすいのが特徴となります。目に留まることで宣伝効果が高まることが期待できる宣伝ツールです。店舗への集客という宣伝とは異なり、実際に来店したお客さんからいかに商品を購入してもらうかを目的としています。そのサイズは比較的小さなものなので、印刷費用はそれほど高くならずに済みます。ただし一般の印刷用紙とは異なる特殊紙を使うことで、用紙代は高めとなることは注意点と言えます。また新商品の投入時など、キャンペーンを行った後の宣伝効果は下降することも課題となります。そのような特性を理解した上で発注し、その後の運用を考慮する必要があります。

知っておきたいスイングpopの特徴について

スイングpopは商品そのものを宣伝する小さなツールです。風や振動などで揺れ動くのが特徴で、人の目を引きやすいことが利点と言えます。切り抜き加工されているので、形状面からもアピール力が大きなものです。用紙は一般の印刷用紙ではなく、合成紙などの特殊紙となっているのも特徴となります。耐久性が高いので、動きながらも長持ちすることも利点と言えます。ただし実際に宣伝効果を高めるのは、新商品として売り出す期間であることが多いのが課題となります。時間が経てば見慣れてしまうので、宣伝効果が薄れるということです。また大量に作成するものでもないので、料金単価をいかに抑えるのかも課題と言えます。一般のオフセット印刷では、かなり割高となってしまうことから、オンデマンド印刷が不可欠です。

スイングpopを導入する利点とは

まず利点として挙げられるのはコストパフォーマンスの高さです。popは小さなサイズなので、それほど大量には必要としません。もちろん少部数印刷は印刷コストを高めるものですが、絶対量が相当に少ないので費用はそれほどかかりません。しばらく使用することや動くものであるために、耐久性を高める工夫は必要です。また注意をさらに引くために、表面加工に工夫することも大事です。ホログラム加工や3D加工などで目立つようにすることが可能です。また、設置場所によってはさらに注目を集めることもできます。例えばレジの横に置いておけば、精算時の待ち時間に目に留まるようになります。デザインも自由に考えられるので、宣伝効果を工夫次第でいくらでも高めることができる点もpopの魅力と言えます。