初めてスイングpopを発注する場合の注意点
初めての方でもわかりやすくスイングpopを説明します
Menu

ゆらゆらと揺れ動き、人の目を引くスイングpopは、販促アイテムとしてもはや定番になっています。丈夫で耐水性に優れたタイプが多くなっており、コンビニやスーパーで商品の陳列棚に取り付けられているのを見たことがある人も多いことでしょう。最近では、データを作成すれば簡単にスイングポップを発注することができるようになっており、申し込む側としても非常に便利になってきています。データ作成の方法も、比較的シンプルで作りやすくなっている場合が多く、気軽に発注できるという魅力があります。ただし、スイングポップの作成を依頼する際には、いくつかの注意点も存在します。そこで今回は、スイングポップを発注するに当たって、気をつけるべきポイントについてご紹介します。

用紙やデザインによって準備するデータの種類が異なる場合も

最近では、ウェブサイトからスイングポップの発注ができるため、よりスピーディにポップを作成することができるようになっています。サイト上では、データを入稿して専門業者にスイングpopを作成してもらうことになりますが、定められた期日までに業者が指定するデータを入稿する必要があります。その場合、希望の用紙の種類によっては、入稿するデータが異なる場合があるため注意が必要です。用紙には、紙製やポリプロピレン製などがありますが、この他に全面に白版がある場合と部分的に白版がある場合で必要なデータが違ってくることがあります。特に急いでスイングポップを発注したい場合には、必要なデータを間違って準備してしまうと、時間的なロスが生じてしまうことがありますので注意しましょう。

形状やデザインなど仕上がり具合に注意が必要

スイングpopを注文する場合、ほとんどの専門業者ではウェブサイト上にポップのサイズや形状など、仕上がりのイメージが記載されています。注文者は、希望するタイプのスイングポップを選ぶことができますが、選択する際には間違って選ばないように何度も確認しましょう。また、製造工程の都合上、スイングポップは断裁の位置でズレが生じやすくなる可能性があります。業者によっても異なりますが、カットパス付近に文字を配置するデザインや、均等なフチがついたデザインは、文字が切れてしまったり幅に差が生じてしまう可能性があります。さらに、取り付ける部分に両面テープが付いているタイプは、両面テープを貼り付ける位置に文字などを配置すると隠れてしまう恐れがあります。スイングポップを発注する際には、細かい部分までしっかり確認して注文することをお勧めします。