初めてスイングpopを発注する場合の注意点
初めての方でもわかりやすくスイングpopを説明します
Menu

近所のドラッグストアに出かけたり、コンビニエンスストアやスーパーなどに行くと、陳列棚にスイングpopが取り付けられているのを見る機会が多いのではないでしょうか。スイングポップは、すっかり日常生活に馴染んだ存在になっています。最近は電車内の中吊り広告でも見かけることが多くなっており、今後も色々なシーンで活用されることが期待されています。スイングポップは、印刷会社や広告資材製造会社に注文して作成する方法が一般的ですが、家庭用あるいは事務用プリンターを使って手作りすることもできます。スイングポップが販売促進のツールとして広まったのは、商品の宣伝に効果的と言われているからです。そこで今回は、具体的にスイングポップがどのような理由で効果的なのかを詳しく解説します。

店頭に取り付ければアイキャッチに効果的

スイングpopの標準的な使用方法は、店頭に取り入れてお客様の目を引くための「アイキャッチ」として活用する方法です。そのため、スイングポップは「新発売」というキャッチフレーズや「キャンペーン中」、「売れています」といいった、短めの言葉が書かれていることが多くなっています。スイングポップを導入することで、商品棚に陳列する数多くの商品に埋もれてしまいがちな商品も、お客様が目をとめやすくなるという効果があります。また、通常のポップより設置が簡単で、手間がかからない点もスイングポップの利点です。棚に取り付ける方には両面テープが付いているため、どこにでも好きな場所にpopを取り付けることができます。一度取り付けてから、別の場所に移動するのも簡単です。粘着の強度があるタイプなら、4回あるいは5回ほど貼り直したとしても粘着力が落ちません。

納期も短くスピード感のある商品宣伝が可能

スイングpopには、小ロットでもオーダーができる、納期が短い、取り扱いも簡単、というメリットが存在します。とりわけ個人経営の店舗では、同じ商品だけ大量に販売するケースはほとんどないため、小ロットで注文が出来るのは大きなメリットになります。定番商品であればそれほど力を入れなくてもいいかもしれませんが、新製品あるいはイベント系の商品を販売する場合には、お客様にその商品の魅力をより広く伝える必要があります。その場合、やはりスピード感が大切な要素になります。入荷よりも大幅に遅れてポップが納品されるのでは、意味がなくなってしまいます。その点で、納期が短いという点はスイングポップの大きな強みと言えます。そして、什器あるいは展示台などどこにでも貼れるという扱いやすさは、レイアウトに費やす手間も省けます。つまり、スイングpopなら少ない労力で効果的な宣伝が実現できるという訳です。アイデア次第で、売り上げの向上に大きく貢献してくれるでしょう。