初めてスイングpopを発注する場合の注意点
初めての方でもわかりやすくスイングpopを説明します
Menu

陳列棚でゆらゆらとゆれて人目を引くスイングpopですが、これまでの値札とは違うので興味はあってもどのように作れるのかと思っている方もいるのではないでしょうか。作り方の流れもそれほど難しくはありません。四角や円形などの作りやすい定型サイズか、それとも自分でオリジナルデザインにするのかで多少行程は変わりますが、打ち合わせを行い、デザインなどを決め、必要に応じて修正をしてから印刷作業に入り、出来上がれば納品されます。必要な分だけ小ロットで製作に応じてくれるお店もありますので、どこを利用するのかも吟味していくと良いでしょう。お試しで作りたい時には小ロットから製作出来るお店で試すのも良いですし、サンプルをもらえる事もあるので気軽に問い合わせてみましょう。

使いやすく発注がしやすい定型タイプ

手始めに気軽にスイングpopを作ってみたい時には各業者で用意している定型タイプを使うと良いでしょう。使いやすい円形や四角形なので、必要な情報もデザインしやすいです。どちらかというと、大量に欲しい時に使うとお得になります。例えば、プライスダウンや新商品、何割引というように決まった時に使うようにいつでも宣伝が出来るようにしておくととても便利です。サイズも大き目や小さめといろんなバリエーションで用意されているので、用途に応じていろんなものを作っておくといいでしょう。長く使っていて汚れたりした時に変えられるように多めに作っておいてもよい内容を定型で作るのがおすすめです。気軽に利用できるので、デザインも試しながらお店や会社に合うものを作り上げましょう。

特別な商品やサービスの時にも使いたい

ぱっと見て目を引くスイングpopは、定番のものを使うだけでなく、自分で好きなようにデザインをする事ができるものも多いです。特別な商品の宣伝をする時には、ここぞというオリジナルのpopを作ることで、お客さんの注目をより集めやすくなります。オリジナルで一から作る時には、デザインをどのようにするか業者ともよく打ち合わせをしていく事になりますので、納品してもらうまでには時間がかかることが多くなります。利用したいと思うのであれば、商品やサービスに合わせて一緒に考えていくといいでしょう。打ち合わせから始めると4~5週間ぐらいかかる事もあります。一度データが出来ていれば次以降は早く仕上げてもらう事も出来ますから、業者とも綿密な打ち合わせをしながら製作しましょう。