初めてスイングpopを発注する場合の注意点
初めての方でもわかりやすくスイングpopを説明します
Menu

 スイングpopとは店頭等で貼られている広告の一種です。その特徴は広告を紙で吊るしたような形と広告を吊るす事によって風によってゆらゆらと揺り動く事で他の広告よりお客さんへの目につき易いと言う特徴があります。よって広告に人気キャラクターと言った知名度の高いモノを採用するとより一層目立ち見てくれるお客が多くなます。また風によってスイングする仕様なのでポスター等と同じ紙であると非常に紙質が貧弱なため広告として作る過程の内から破けたり折れたり丸まったりします。また作り上げたとしても紙自体が弱いので揺れる行程で紐にあたる部分や広告自体が破けたりする可能性が非常に高いので紙質にはとても気をつけないといけません。実用的な揺れて客から視線を集める広告に出来上がるのは困難です。 

popとしての基本的なデザイン

 スイングpopはゆらゆらとスイングして人目を引く広告です。その構造は大まかに三つに分かれています。まず揺れる広告を支える接着の部分でこれは大体のモノが両面テープの仕様である事が挙げられます。それにより広告を貼りたい場合に両面テープの上を剥がして貼るパターンになります。そしてポップをつり下げる紐にあたるスイングアームがあります。これは揺れる様に設計されている都合上丈夫でないといけません。よってここの材質は破れにくい事で定評があるポリエチレンテレフタレート製と言ったモノが利用されるパターンです。そして肝心の広告であるPOPカードとなります。カードの部分はよくある値札のような形状の物から絵を切り取ったような形状までバリエーション豊かなデザインの選択が可能な所が特徴です。 

印刷会社に広告を依頼する時の特徴

 一般的に広告の印刷をプロの業者に頼む場合多量に印刷してコストを下げるようなパターンが多めです。また印刷の方法もオフセット印刷が定番とされます。しかしスイングpopのケースではその点に違いがあります。まずオンデマンド印刷である事が挙げられます。この広告は只のチラシと違い様々な形状が選択出来るオーダーメイド側面があり紙質も丈夫である事が条件になっています。大体これらに使用する紙は耐水性が使われるのがほとんどです。その為商品が新たに作り直されたりすると広告を多量に作ってしまった場合非常に無駄である為ある程度見積もって依頼します。また依頼する広告の状態がデータ入稿を求められるケースが多々あります。それは持ち込み依頼であっても同様です。形状が非常に自由である都合上パソコン等でやり取りが出来るファイルの方がオリジナルを尊重して印刷が出来る点が挙げられます。

販促モアでは、一度でもご利用いただいたお客様の多くが、リピーターとして再びご注文をお寄せくださいます。 販促のためのPOP「スイングPOP・プライスカード・ミニのぼり」の激安通販サイト。 「販促POP」をお客様のデザインデータを元にお作りいたします。 驚きの業界屈指の低価格の実現が可能! 他社では断られる短納期・小ロットのご対応が可能! 販促品のスイングpopで視線を集めよう